金魚の浴衣

ショートショート
記事内に広告が含まれています。

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへおうちごはんランキング

ショートショート金魚の浴衣

浴衣との出逢い

初めて浴衣を着た時の話しを少しだけ。

店員にイメージを伝え、いくつかの浴衣と反物を見せてもらう。
好きな水色をベースにした既成の浴衣を選んだ。
模様は、白い水の流れと、裾に赤い金魚が泳いでいる。
帯はグリーンとイエローのリバーシブル。
当時は、襟首に色を添えるのが流行っていて、ゴールドを選んだ。

小さい頃、母親が着つけをしていた記憶をたどって、自分で何とか形に出来た。
帯は蝶結びをアレンジした。

「うまくいった。」

倫太郎さんのこと

倫太郎さんとの待ち合わせ場所に向かう。
マンションからタクシーに乗って、勾当台公園近くの交差点で降りる。
待ち合わせ場所の三越までもう少し。
小走りしたいけれど、履き慣れない下駄じゃ転んでしまうかもしれない。
気持ちだけが急かされる。
倫太郎さんを待たせないようにと急いだ。

倫太郎さんはわたしを見つけて、恥ずかしそうに手を振っている。
わたしが先に着いて、待っていたかったのに。
倫太郎さんは、既に待ち合わせ場所にいた。
駆け寄ると、小さな小袋を渡された。おそらくアクセサリーだろう。
口元だけ、少しほほ笑んで受け取る。
倫太郎さんとはぐれないように、少しだけ後ろをついて歩く。

仙台七夕の一番町は人が溢れていて、わたしと倫太郎さんの想いが交差したって誰も気が付かない。

夏祭り

小料理屋で、刺身と冷酒を話しの潤滑油にして、日々の出来事や阪神淡路大震災の事を話した。
彼は淡々とした口調で話す。
大人の視点で切り込む意見は新鮮で、自分のステータスが上がったような錯覚に陥る。

20:00少し前に小料理屋を出て、わたしが務めるクラブへ急ぐ。
少し遅刻したけれど、黒服は笑顔で迎え入れてくれた。

きょうから3日間、浴衣出勤が続く。


仙台七夕祭りが始まる。                    fin

                    

                    *すべてフィクションです。

ハルミ
ハルミ

こだわりの贈り物は大丸松坂屋がオススメです。

大丸松坂屋百貨店が運営するWEB通販サイトです。
お中元やお歳暮などのシーズンギフトのほか、お祝いや内祝いなどのギフト、
デパ地下グルメ、店舗のある各地の美味・名品などを取り扱っております。

https://www.daimaru-matsuzakaya.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました